人気ブログランキング |

カテゴリ:2020年終了イベント( 2 )


夜空文庫 -『プロジェクト宮殿』によせて_a0156417_21385682.jpg

夜空文庫 -『プロジェクト宮殿』によせて

3.12(木) - 3.19(金)
18:00-21:00
土日祝月休み
入場無料

夕方から夜まで、
部屋の扉、窓を開け、文庫を開きます



夜空文庫の発想は、
イリヤ・カバコフ、エミリヤ・カバコフ著
『プロジェクト宮殿』から生まれました

『プロジェクト宮殿』には、
不安と恐怖で閉じられた日常のなかで、
どうしたら人がしあわせになれるのかという問いに対しての、
激動の時代を乗り越えたロシア(旧ソ連)の
非公式芸術家、イリヤ、エミリア・カバコフによる、
架空のロシア市民の人たちによるプロジェクト、アイデア集です
そこには
「自分を変える(=天使の羽根をつけて部屋にこもる)」
「天井に天国を作る(=天井に小さな動物を並べる)」
「街に譜面台を立てる」
などいくつかのささやかなアイデアと、
それを実現するための設計図があります

どんな酷い、救いのない状況であっても、
ひとはしあわせになるきっかけをみつけることができる
そんな閉じられた状況を切り開くための知恵、物語を、
いま閉塞してゆく街で、
わかちあえたらとおもいます

『プロジェクト宮殿』へのオマージュとして、
部屋に羽根を用意し、
「自分を変える」プロジェクトを試せる一角を作ります
羽根をつけて部屋にいるだけでも
窓のむこうの景色は違ってみえます

また部屋には、「プロジェクト宮殿」のほかにも
閉塞した時間をつきぬけるような物語を並べます

みえない脅威に対し、慎重に身体を護りながらも、
こころを泳がせること、
羽根をみつけること、
ひとつのきっかけになれば幸いです

3/20頃からは公共図書館も開くので、
それまでの期間、
休日はマスクの必要のない開かれたところで深呼吸をして、
夜は眠るように、平日の夕方から夜まで部屋を開きます
人が集うための空間ではありません
物語、知恵と出会うための空間です

短い時間ですが、テレワーク出来ない仕事帰りなど、
こころのゆくあてを探している方はいらして、
羽根をつけたり、本を読んだりください

新型ウィルス感染が心配の方はマスクなど着用ください
部屋で石鹸手洗いできます

身体とこころ、それぞれご自愛ください

原田淳子(路地と人)

<参考文献>

夜空文庫 -『プロジェクト宮殿』によせて_a0156417_23062515.jpeg

夜空文庫 -『プロジェクト宮殿』によせて_a0156417_23071750.jpeg
『プロジェクト宮殿』イリヤ・カバコフ、エミリヤ・カバコフ 著 / 国書刊行会
『イリヤ・カバコフ「世界図鑑」絵本と原画』神奈川県立近代美術館 [ほか] 編/東京新聞

<参考>

知られざるイリヤ&エミリア・カバコフの過去を紐解く。文=鴻野わか菜

https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/18638





by rojitohito | 2020-03-12 11:17 | 2020年終了イベント

わンわん上映 2

わンわン上映の第2回目を行います。
東京で見られる機会はまだ少ないと思います。
この機会にどうぞごらんください!

日にち:2020年1月23日(木)
時間:19時開始(30分くらい前から開けてます)
場所:路地と人
料金:無料
定員:8名 
※定員数になりましたので予約受付終了いたします
*席数に限りがあります。参加ご希望の方は ottopakkinアットマークgmail.com までご予約お願いします。

上映DVD:
『今日は市バスに乗って、荒浜へ』
(3.11オモイデアーカイブ+佐竹真紀子/2018年/41分)

アーティストの佐竹真紀子が、震災後の仙台市荒浜に設置した「偽バス停」。
2016年12月11日には、震災前に運行していた
仙台〜深沼海岸(荒浜)のバスが一日限り復活した。
かつて夏には海水浴で賑わった深沼海岸へとバスは向かう。
そのバス内からの風景、会話。
https://recorder311.smt.jp/movie/58313/

『米崎町のりんご農家の記録』
(小森はるか/2013年/42分)

岩手県陸前高田市米崎町。
海の見える場所で暮らすりんご農家の夫妻。
流れていったもの。あらたに動きはじめたもの。つづく日々の営み。
2011年5月から2012年5月までの記録。
https://recorder311.smt.jp/movie/34611/


資料提供:3がつ11にちをわすれないためにセンター/せんだいメディアテーク
https://recorder311.smt.jp
https://www.smt.jp

「3がつ11にちをわすれないためにセンター」は、仙台市の芸術文化・生涯学習施設であるせんだいメディアテークが、2011年5月3日に開設した、「市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災からの復旧・復興のプロセスを、独自に記録・発信していくプラットフォーム」である。
『コミュニティアーカイブをつくろう!』(佐藤知久・甲斐賢治・北野央、晶文社、2018年、p.35)より

わンわん上映 2_a0156417_09425073.jpeg
わンわん上映 2_a0156417_09432464.png

by rojitohito | 2020-01-23 12:54 | 2020年終了イベント

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito