人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示

あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示_a0156417_11293696.jpg

鶴崎いづみ
鶴崎正良
原田壽美子
原田淳子

2023.10.1 - 10.14
平日 15:00-20:00(火曜休)
土日祝 14:00-19:00


○演奏○
春蝉 | 山本恭子 宮坂洋生

2023.10.8 sun. 15:00-
投げ銭



「あるいは九月なのでは」
しおかわ民(鶴崎正良)

青空とぬれた蝙蝠傘
気違い女の厚化粧と猥らな仕草
造り酒屋のドラ息子の放蕩三昧
とうとう酒倉に火をつけた
女子体操選手のちらっと見える陰毛
マラソン選手のゴム長靴のスタイル
ボディービルダーの黒いパンツの盛り上り
深夜のミュージシャンの縄跳遊びと
そのキリコの絵のような影
菜の花が閉じてふきのとうのでれば
てんとう虫が黙って逆立ちをする
寒鮒釣りの物想いはアフタヌーンに
突然現われたヘリコプターの爆音に
美しい女生徒への想いを断ち切られたが
紅浮子と水面の反転する幻視が少し不安
一億光年の爺の登場はやけにえらぶって
婆の婚約指輪と干上った生理
蛇苺のアイスクリームはいかが
あたいはお爺んの石焼きいもよ芋なの
貝殻の海の耳は紺碧のエーゲ海の
アフロディテの恥部
ジーザスクライストの刺し傷とすね毛
ピエタの黒い血と泣きはらした悲しみで
マリアのぐちゃぐちゃ顔と鼻汁のたれ
裏切りの街と息を殺して生きるユダが
ダダイズムに走ったとの仮説を立てても
ブルトンやエルンストは
黄泉の国から再生はしない
ゴータマシッタルタのうんこの臭い
般若心経よりもむしろ般若湯
糞坊主の朝から酔っ払った
カラオケのような読経と木魚のリズム
またお説教という名のひまな漫談
お見合い写真のすれ傷
女は幾人もの男の味を知っている
三十路女の腋臭と淫靡なパンティから
はみでた黒々としたちぢれ毛
私は接吻の予感はするが後が怖い
落涙の薔薇 アドバルーンの哲学
貝汁の海水浴
海中ですましてシッコする別嬪さんの蛤の
罪と罰はラスコーリニコフの憂鬱症
九月
一夏の渚の思いでと
そこはかとない悲しみ




あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示_a0156417_11351423.jpg
鶴崎いづみ
あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示_a0156417_11313750.jpg
鶴崎正良

あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示_a0156417_11425182.jpg
原田淳子
DM画像 原田壽美子



鶴崎いづみ
1982年福岡県生まれ。小・中学生の頃より友人を登場させた漫画を描いてはクラスで回し読みする。美大進学後、美術作品をつくり展示・発表するが、ぱたりとつくれなくなる。2013〜2022年オルタナティブスペース「路地と人」の運営に加わり、展覧会やイベントの企画をおこなう。2014年より「観察と編集」として出版活動を始める。2017年より土曜社にて本づくりを始める。著書/編書に、『整体対話読本 ある』、『整体対話読本 お金の話』、『体操をつくる』があり、
本づくりをとおして整体に取り組み、自己を紐解いていった結果、
2023年には限りなく素に近い状態で、エッセイ漫画『私のアルバイト放浪記』を描き上げ出版する。

鶴崎正良
1950年福岡県柳川市三橋町生まれ。
佐賀大学教育学部特設美術科卒業。
生家にアトリエを構え、高校の美術教師をする傍ら、油絵を描き続ける。
主な受賞に1981年、西日本美術展優秀賞受賞。1997年、谷尾美術館大賞受賞。無所属。
「しおかわ民」として詩や小説の制作もおこなう。昨年より床に伏す。昨年描いた油絵と、床で殴り描きしたメモを展示する。

原田淳子
1974年山梨県甲府市生まれ。東京在住。
www.haradakikaku.org
幼少より天体を好み、小学生時代は天文部所属。自然科学者を目指すも挫折、学級新聞係で新聞製作に勤しむ。
小学三年より友人と漫画の連載を始めるが、ネタが尽きて挫折。
高校でデッサンを習うが、井の中の蛙で挫折。
映画監督を夢見て上京するも、試験で寝坊して挫折。
再び漫画の路へ戻り
1999年集英社『コーラス』にて読み切り漫画『彼らの行方'99』掲載、漫画家として活動を始めるが、
その後、商業誌での漫画活動を挫折。
2005年頃、絵画・詩作を始め、原田企画名義で展示、ライヴ等のキュレーション、出版を行う。
2009年よりオルタナティブスペース「路地と人」の立ち上げ、運営に関わるが、2020年に挫折。
2019年漫画単行本『水の岬』(チイサイカイシャ発行)出版。
2022年、covid19のさなか、挫折した夢を蒐集した作品集『夢の塚』(原田企画発行)出版

原田壽美子
1943年山梨県甲府市生まれ。
1995年まで公務員として郵便貯金事務職を務め、退職を機に水彩画を描き始める。
2005年「甲斐水彩画」入会。
2010年第73回山梨美術協会展の一般公募にて土屋賞受賞。
2011年40回白濤会美術展にて山梨放送賞受賞。
近年リウマチ、指関節炎を患うも、創作は継続。本展示では近年の作品より、50号絵画を展示する。
 
春蝉
コルネットの山本恭子とコントラバスの宮坂洋生によるユニット
それぞれ作曲を手掛け、演奏曲も自身の楽曲から国内外のトラッド、民謡、歌謡、ジャズetc.と幅広く、
澄んだ伸びやかな音色のコルネットと懐の深いコントラバスが印象的な演奏を行う

あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示_a0156417_12044640.jpg
あるいは九月なのでは | 鶴崎いづみ 鶴崎正良 原田淳子 原田壽美子 展示_a0156417_12055159.jpg


by rojitohito | 2023-10-01 00:00 | 2023年終了イベント

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito