表現からみる体癖

a0156417_23151600.jpg
9、10月は、8月の活元会で呼び起こされた運動をヒントに、一人一人の自発的な運動表現を引き出し、具現化するところまで、整体指導を通してみていきます。
「体癖」(たいへき)とは、野口整体の創始者、野口晴哉によりまとめられた、身体の重心の偏り・腰椎のゆがみなどからくる人間の感受性の癖を12種類に分類したもの。ここでは、表現されたものからそれを表現した人、表現されたものを見る人、それぞれの体癖を観察していきます。
表現活動を通して体を整えたい方、運動領域の可能性を広げたい方、芸術と美、身体性に興味があり体感したい方、そうでない方も、どうぞお気軽にご参加ください。



「表現からみる体癖」(全2回)

1回目 9/29(土)
2回目 10/27(土)

時 間:13時〜17時
定 員:8名(要予約)
( rojitohito@gmail.com までご連絡ください。)
参加料:1回 2,500円、2回通しで 4,000円。8、9、10月全3回参加の方は全部で 5,000円。

    ※体のメンテナンス、お茶、お菓子付き。ワークショップ終了後、個別に相談も受け付けます。
     時間お一人10分程度。
講 師:川﨑智子(と整体)

*
1回目:自分でつくったもの、誰かがつくった気になるものを持って来てください。そこから運動を再現
    していきます。
2回目:自己観察の手法を用いながら、それぞれの表現をそのまま認めるコミュニケーションを対話と、
    小さな作品づくりで学びます。

**
川﨑智子
1970年5月5日宮崎県生。不調をきっかけに出会った野口整体により体の全感覚が一致した自覚が生まれ、自由になる。気を独学。2005年より整体活動開始。整体指導者として、「と整体」を主宰。また、2017年4月より気にまつわる活動「玄竹居」を始める。

***
野口整体とは、野口晴哉により提唱された整体法。活元運動、愉気法、体癖論から構成される。



a0156417_23202661.jpg
※参考画像は2016年1月24日に路地と人でおこなわれた、「絵からみる体癖」より。




[PR]
by rojitohito | 2018-10-20 12:00 | 2018年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito