人気ブログランキング | 話題のタグを見る
【7.13 Sat.】 中東のお菓子バクラバとトルココーヒーのカフェ \"Tattlers(タトラーズ)\"_a0156417_17585697.jpg
Tattlers(タトラーズ)

中東のお菓子バクラバとトルココーヒーのカフェ
A pop-up baklava cafe of middle eastern sweets

7.13 Sat 2PM - 9PM @路地と人 Roji to Hito

<Menu>

バクラバ Baklava ¥400

ミント玉 Cacao mint snow ball cookie ¥400

ほうれん草のファターイル Spinach fatayer ¥400

トルココーヒー Turkish coffee
 シングル Single ¥300
 ダブル Dubble ¥500

紅茶 Tea ¥300

お酒 Alcohol ¥500~800

※現金のみ
*Cash only


ウェブサイト

Instagram
@cafe.tattlers

お問い合わせ
cafe.tattlers@gmail.com

【7.13 Sat.】 中東のお菓子バクラバとトルココーヒーのカフェ \"Tattlers(タトラーズ)\"_a0156417_17581184.jpg

# by rojitohito | 2024-07-08 18:00 | これからの予定
【彦坂なおよしワークショップ】

 私の現代美術の教育者としての経験は、多摩美術大学、立教大学、Bゼミで、美術教育活動をやって来ています。 

 その経験を活かして、今日の時代にあった【美術家になるためのワークショップ》を開催します。

 今日は伝統が崩壊して、秩序が喪失して、それこそ国立の東京芸術大学ですら芸術の授業がなくなり、自然のカオスの中の狂気にしか価値を見出し得なくなっています。

ですから、何をやっても良いし、メチャクチャをやってもやいのですが、現実はそれほどには簡単ではないのです。

『彦坂なおよしワークショップ』は、現代アート作品を制作したい人、現代アート作家をめざす人を対象にした《制作アドバイス形式》のワークショップです。

 オンラインでの受講を受付しています。遠隔地からのご参加も可能です。

 ワークショップでは、参加者が持参した小型作品について、一人ずつ講評していきます。

作品はドローイングでも、水彩画でも、油彩、アクリル画でも良いですし、コンセプチュアルアート、インスタレーション、パフーマンスでも、音楽、ノイズなとでもよいです。今流行の生成A Iの作品でも良いです。

 美術作品の講評を受けることを通じて、美術作品を作るプロセスでとくに大切な「基本」である《自己》を自覚するのセンスを磨くきっかけになるでしょう。

 制作、講評、制作……をくり返すことで、美術作品の質を確実に高めることができます。また、それぞれの作品を制作するうえでの、素材の選び方、組み立て方法、展示方法についてのアドバイス、参照しておくべき過去の作品についてのサゼスチョン受けられます。

 毎週一回をめやすにして、10回で5万円です。

 その年の受講生の中から1人を選出して翌年に、この『路地と人』で一週間の展覧会をしていただきます。展示プランの試行から展示まで、一貫したサポートを受けながら体験することで美術作家としての自立を目指します。

 そして個展をして、自分と同じタイプのアーティストの友人を作っていくことが大切だと思います。良い善良な友人を見つけることは、大切なことです。

年齢に制約はありません。男女も問いません。 

 当然ながら、個人情報の秘密性は生涯厳守いたします。

        彦坂尚嘉

# by rojitohito | 2024-07-05 17:40

戯曲を読むシリーズ

「性の異端を読む」

企画・主催/キューピー

日本の近現代戯曲を声に出して読み、話します。「クィア演劇」(ケイト・ボーンスタイン)と「男色演劇史」(堂本正樹)とが重なるところ(あるいはその周辺)に歴史はありうるか。


春日井建「少年指導者」を読む

あまりにも早く現象はすぎてゆく。生きていることの恩寵を、どうにかして秩序だてたい。自己の憂愁に、ある意味をみつけだそうとしたりするのは、あせっているからだろうか。刺すという行為さえが、皮肉な美しさで迫ってくるのは、無為すぎるからか、——そんな時、ぼくには太陽さえが黒い。

テキスト

春日井建「少年指導者」(『旗手』1960.12)

日時

2024.07.06(土) 15:00-18:00

場所

路地と人(東京都千代田区神田三崎町2-15-9 木暮ビル2F)

参加費

500円程度(予定)

申込・連絡先

下記アドレスに「氏名・当日の連絡先」を明記のうえ、ご連絡ください。

またテキストの入手が難しければ、その旨お知らせください。

qp.joho@gmail.com

備考

  • テキストの印刷等は各自で行い、当日持参すること。
  • 事前に座談会記録「クィア演劇史は可能か」hqtj22123.pdf を読むこと。





# by rojitohito | 2024-06-09 08:06
Tattlers(タトラーズ)

中東のお菓子バクラバとトルココーヒーのカフェ
A pop-up baklava cafe of middle eastern sweets

\好評につき、第2回目の開催/
6.8 Sat 2PM-10PM @路地と人 Roji to Hito

<Menu>

バクラバ Baklava ¥400

ミント玉 Cacao mint snow ball cookie ¥400

ほうれん草のファターイル Spinach fatayer ¥400

トルココーヒー Turkish coffee
 シングル Single ¥300
 ダブル Dubble ¥500

紅茶 Tea ¥300

お酒 Alcohol ¥500~800


Instagram

お問い合わせ
cafe.tattlers@gmail.com

※現金のみ
※6/7には中野のスペース水性でもTattlersをやっています。
*Cash only
*We will also open on 7th Jun at Suisei in Nakano.

【6.8 Sat】中東のお菓子バクラバとトルココーヒーのカフェ “Tattlers(タトラーズ)”_a0156417_11342586.jpeg























【6.8 Sat】中東のお菓子バクラバとトルココーヒーのカフェ “Tattlers(タトラーズ)”_a0156417_11353683.jpeg

# by rojitohito | 2024-05-24 11:38 | これからの予定
ニッポンのうれしい場所 糸崎公朗AI写真展_a0156417_07104502.jpeg
開催日:2024年5月24日(金)〜6月5日(水)
時間:13:00〜19:00
会期中無休・入場無料
会場:路地と人
東京都千代田区神田三崎町2-15-9小暮ビル(ナンハウス上)
******
展覧会趣旨
本作品は、自ら撮影したデジタル写真に、AI生成による人物像を加えた新しい表現を試みています。
コロナ禍明けの昨今、日本を訪れる外国人観光客は以前より増加し、東京都内の繁華街や観光地も多種多様な国籍の人たちであふれています。その表情はみな一様にうれしそうで、それを見る私自身もまたうれしい気分になります。
かつて日本を「悪い場所」と評した評論家がおりましたが、今や世界中の人々が、長い歴史に根差した特有の文化を持つ日本を「良い場所」と認めているのです。
私は自分のこの感覚を率直に「写真」で表現しようとしました。ところが近年、写真文化としてのストリートスナップは、社会をとりまくデリケートな問題により、ともすれば萎縮せざるを得ない状況にあります。
そこで私はこの打開策の一つとして、自ら撮影した写真に、生成AIによる人物像を加える表現を思い立ちました。これら人物像はAdobe Photo Stockにより著作権と肖像権をともにクリアされています。AIによりすげ替えられた人々の表情は活き活きとして豊かで「AIには人間のような感情がない」と言いきれない程リアルです。
そもそも写真は19世紀の発明当初から、手描きに取って代わる「自動生成絵画」の意味合いがあり、多くの画家を失業に追い込みました。しかし一方で、印象派にはじまる新しいアートが産まれ、「写真」もまたアートとして発展することになり、現在のデジタル技術のめざましい進歩を経て「AIアート」にまで至ったのです。
そこで私は本作品を、日本と世界の人々に対する「祝福」の気持ち、人類の技術発展に対する「祝福」の気持ちを込め、制作したのです。

*本展は同期間に開催される『彦坂naoyoshi ゾンビ芸術と美女絵画展』(永井画廊・東京都中央区銀座8-6-35河北新報ビル5F)との連動企画ですので、併せてご覧いただければと思います。
ニッポンのうれしい場所 糸崎公朗AI写真展_a0156417_07110041.jpeg

# by rojitohito | 2024-05-04 07:09

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito