<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「歩く人」吉川陽一郎

a0156417_20181493.jpg



「歩く人」
吉川陽一郎


2017年12月2日(土)―17日(日)
13時―20時
火曜日休み(5日、12日)

※会期中イベントあり。追ってお知らせします。



*
今から104年前、1913年(大正2年)の10月16日から22日まで、この『路地と人』のすぐ近く、東京神田三崎町2番地にある画廊『ヴィナス倶楽部』で『生活社主催第一回油絵展覧会』が開催されました。出品作家は、岸田劉生(22歳)、高村光太郎(30歳)、木村荘八(20歳)、岡本帰一(30歳)の同人4人。当時、多くの人は、画廊のなんたるかもよく知らず、芸術のなんたるかもよくわからず、きっと訪れる人も多くはなかったでしょう。高村光太郎はその3年まえの明治43年、日本で最初の画廊『琅玕堂 ろうかんどう』を、これも近くの神田淡路町1丁目1番地に作り、経営不振でたった1年でやめています。百年後のそんな場所に、画廊でもなく、お店でもなく、何ものとも名づけらないようなスペース『路地と人』はあるのです。百年前の出来たての画廊と同じように、相変わらず多くの人は、その何たるかを知らず、訪れる人もちらほらです。でも私は感じます。私の芸術はここにあると。なぜならば、私のつくるものは、どこでもない場所にあるこそふさわしく、誰かが名づけなければ見えてこないようなものだから。そして、そこからきっと誰かが必要とするものが、生まれるにちがいないと確信しています。

今回の展示は、1年半まえの、前回の展示『裏無いの小部屋』の déjà-vu を見ることになるでしょう。

我が家のトイレを再現し、そこで彫刻を鑑賞する仕掛けとなっています。
ぜひ、お一人づつ、中に入って、ゆっくりと『歩く人』を鑑賞してください。



*
吉川陽一郎
1955年 鹿児島県曽於郡生まれ、宮崎県都城市、神奈川県横浜で育つ。
1980年 多摩美術大学彫刻科卒
1996~2002年 Bゼミスクーリングシステム講師
2001~2007年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科非常勤講師
2007年~ 多摩美術大学彫刻学科非常勤講師

a0156417_20193159.jpg
引込線2017より)


[PR]
by rojitohito | 2017-11-12 14:43 | これからの予定 | Comments(0)

カート・ヴォネガット読書会


ヴォネガットの読書会を始めます。第一回は『タイタンの妖女』です。ヴォネガットの誕生日に、ヴォネガット作品について語り合いたいと思います。


日時: 2017年11月11日 午後3時くらから6時くらいまで

参加費: 無料

お願い: 『タイタンの妖女』を読んできてください。

問い合わせ: twitter @VonnegutReading


*カート・ヴォネガットについて

1922年11月11日生、2007年4月11日没。アメリカ、イリノイ州でドイツ移民の家に生まれた。化学を学んでいたが第二次世界大戦でアメリカ軍として参戦、ドレスデンでイギリス軍からの空爆に会い、九死に一生を得る。後、文化人類学を学び、ゼネラル・エレクトリック広報部勤務を経て作家に。人類に対する皮相的かつ笑える作風で知られる。20世紀アメリカを代表する作家のひとり。村上春樹、高橋源一郎も影響を受けた。


『タイタンの妖女』について

1959年に出版の2作目の小説。代表作の一つ。主人公、マラカイ・コンスタントは火星人にさらわれ、自由意思を失う。火星軍人として地球に向かうと思いきや水星に着陸。水星を脱し、地球に帰り着くのも束の間、タイタン(土星の衛星)に。彼の人生を操っていたのは大富豪、ウィンストン・ナイルス・ラムファード。そしてラムファードは、トラルファマドール星人のサロに操られていた。


[PR]
by rojitohito | 2017-11-11 23:09 | 2017年終了イベント | Comments(0)
a0156417_18141972.jpg


路地と人メンバー鶴崎が、
と整体・川﨑智子さんの話を聞く、という形で
2014年4月から2017年3月まで、
三年間継続してきた対話冊子『ある』ですが、
これをまとめて再編集して本にする作業をしています。
発刊日は2017年10月19日。
合わせまして、11月4日、発売記念イベントをおこないます。
最近、「気」にまつわるお稽古を始めた川崎さんとともに、
新宿から水道橋まで気を探り、巡りながら歩きます。
どうぞお気軽にご参加ください。



整体対話読本『ある』 出版記念イベント
気をめぐる散歩


2017年11月4日(土)
10時 JR新宿駅東南口 集合
(予定時間未定/水道橋・路地と人まで歩く予定)
(予約不要/雨天基本的に決行。中止の場合、twitterにてお知らせします。)
参加料:1000円
案内役:川﨑智子(と整体)
お問い合わせや、当日なにかありましたら担当:鶴崎まで(tsurusakiizumi@gmail.com)


・・
整体対話読本『ある』

〈話し手〉川﨑智子(と整体)
〈聞き手〉鶴崎いづみ(観察と編集)

発刊日 2017年10月19日
部数 限定100部(事前予約のみおまけ付き)
値段 2160円(税込)(送付希望の方は+送料180円)
発行 観察と編集
事前予約の場合、予約後、事前にご入金頂き、発行日に合わせて発送または手渡しさせて頂きます。
また、イベント当日、路地と人でも販売します。
お問い合わせ、ご予約は、tsurusakiizumi@gmail.com までご連絡ください。

a0156417_18203890.jpga0156417_18211639.jpga0156417_18212635.jpg


























































川﨑智子
1970年5月5日宮崎県生。不調をきっかけに出会った野口整体により体の全感覚が一致した自覚が生まれ、元気で丈夫に、自由になる。気を独学。2005年より整体活動開始。整体指導者として、「と整体」を主宰。また、2017年4月より気にまつわる活動「玄竹居 」を始める。

観察と編集
鶴崎いづみによる、観察と編集を基礎とする試み。主に出版などをおこなう。





[PR]
by rojitohito | 2017-11-04 18:30 | 2017年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito