<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

朗読室

こちらの催しは終了しました。ありがとうございました。
〜[a:]からはじめる〜



「翻訳する ・ その1」



ことばは、まるで常に生まれていて
時代や場所や使う人によって
刻々と変化していくように見える。

身近で使い続けることばの変化は
自分の身体の変化のように
日々更新していけるけど
時間や場所や記した人から切り離されたことばとは
どのようにして向き合えばよいだろう。

私たちは
いろいろな時代の、いろいろな場所の、いろいろな人のことばを
見て、読み、声にすることができる。

まずはことばを身体に通して
そこから生まれる心の動きから
記した人の言葉と、それを生み出すに至ったであろう様々な見えないコトバの存在を
暗闇の中でモノの形を輪郭から触れて探るように
丁寧に味わう

その後にでてくる自らのコトバを
翻訳の一端として
ここから
新たに翻訳していくことについて考えていきたい。

**

現在制作中の
冊子[a:]
と連動する形で、
新しく朗読室を開いております。

[a:]編集長の佐々木智子さんを
アドバイザーとしてお招きし、

冊子の中で扱われる
キーワードに焦点をあて
実際に
身体から考えていきます。

第四回の今回から
何回か
翻訳することについて
触れられればと思います。

すでにある誰かのことば
今生まれている自分のことば
声にしたいことばを持ってお越し下さい。
聴きたいだけでも構いません。

お待ちしております。

***


【朗読室〜[a:]からはじめる〜 4 】

「翻訳する ・ その1」

期日:4月25日(月)19:00〜21:00

入料室:500円(肴付き)

場所:路地と人

*途中入退室自由

ことばのこえの企画 クゼナミコ、企画協力/[a:]編集長 佐々木智子)



※冊子[a:]
冊子[a:]第1号では、生活環境や芸術といったジャンルを問わずに、「ことば」について考えます。形のないコトバ、表れとしてのことばについて考え実験する試みです。
冊子名の[a:]は発音記号に由来。


※佐々木智子
青森県生。
2013年まで、Yotsuya Art Studiumに在籍。
在籍中の課題を通して、平面・絵本の制作を始める。
現在、平面・絵本・詩の制作。
[PR]
by rojitohito | 2016-04-25 00:00 | 2016年終了イベント | Comments(0)

歓迎会

こちらの催しは終了しました。ありがとうございました。
a0156417_19044588.jpg
路地と人では、この度、
運営新メンバーを歓迎いたします。
関心のある方、まずはお話してみませんか。
ご来室、心よりお待ちしております。


「歓迎会」
4月23日(土)
19:00-21:00


[PR]
by rojitohito | 2016-04-23 00:00 | 2016年終了イベント | Comments(0)

「DoN't WoRrY」展示会

こちらの催しは終了しました。ありがとうございました。

a0156417_0202545.jpg

月のなかった頃の空
幻のネオンサインはドントウォーリー!って言っていたんだと思う!




譲り受けたもの、ヴィンテージのパーツを織り交ぜてアクセサリーを作りました。
the medium necks のお洋服とともに、神田三崎町に引越しした路地と人でお披露目会を開催致します。
どうぞお立ち寄りくださいませ。

「DoN't WoRrY」展示会
2016年4月13(水)~17日(日)
14:00~19:00


◇クロージングパーティー
4月17日 17:00頃から

DoN't WoRrY
ミディネクことthe medium necksから派生したヴィンテージのパーツを混ぜ合わせたアクセサリーブランド、DoN't WoRrY!
不思議なパーツとモチーフを折衷した対話型アクセサリーです。

the medium necks(ミディネク)
飛田左起代のソロユニット。
2004年アルバム「the medium necks」を制作。
音楽制作と平行してオリジナルハンドメイドクロージングの制作も始める。
自然発生的に作る服はひとつのステッチでもその都度違う表現が出来るので、すべてが一点物です。
www.themediumnecks.com

a0156417_0205975.jpg


a0156417_0215694.jpg

[PR]
by rojitohito | 2016-04-13 00:00 | 2016年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito