<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Circle X 2

こちらの展示は終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました


a0156417_2344530.jpg

「Circle X 2」
2014/11/22(土)~30(日)
開場時間:平日19~22時、土日祝13~21時
入場料:300円
オープニングパーティー:11/22、19~21時

展示作家:河合浩、齋藤祐平、鈴木哲生、フキン、福士千裕、水野健一郎



<プロフィール>
・河合浩
生活のなか、暇なときに絵を描いています。http://kyeutk.tumblr.com/

・齋藤祐平
1982年新潟県生まれ。主に平面作品を制作。制作した絵画がどのように発表されうるかについても留意し、作品を通して様々な活動を行う。作品画像や展示風景写真などをまとめたホームページ「羅布泊」はhttp://lopnor.archive661.com/

・鈴木哲生
1989年神奈川県生まれ。グラフィック・デザイナー。東京芸術大学デザイン科卒業後、隈研吾建築都市設計事務所勤務を経て、現在オランダ デン・ハーグ王立芸術アカデミー タイプメディア修士課程在学。

・フキン
1982年愛媛県生れ。グラフィック、映像、立体などの手法で作品を制作。高円寺の多目的スペース「ASOKO」の運営に関わるほか、衣料品メーカー「MAN」での活動にも力を入れている。 https://fukin.jottit.com/

・福士千裕
1989年横浜生まれ 絵や、漫画のようなものを作っています。ホームページ ゾンビエビ http://zombiebi.web.fc2.com/

・水野健一郎
1967年岐阜県生まれ。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。既視感と未視感の狭間にゆれるロマンチシズムを求めて自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、多様な手法でアウトプット。作品集『Funny Crash』(2009年)、『KATHY's "New Dimension"』(2011年)をTOKYO CULTUART by BEAMSより刊行。2012年より映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。マイファイ(仮)http://kenichiromizuno.blogspot.jp
[PR]
by rojitohito | 2014-11-22 00:00 | 2014年終了イベント | Comments(0)

小田島等 「1987」展

a0156417_031735.jpg

小田島等 「1987」展
2014年11月11日 - 11月19日

平日 15時〜22時 / 土日 13時〜21時

独特な触覚で時代の流れに俊敏に即応し、
アノニマス的親しみやすさと、どこか叙情漂う作品を生み出してきた小田島等。
現在、イラストレーター、デザイナーとして活動している小田島氏が、
まだ中学~高校生であった頃に描いた絵(コラージュ、ドローイングなど)を展示します。

時は、いまから溯ること27年前、「1987年」。

-

16日(日)には、18時よりバッファロー・ドーターの山本ムーグさんを迎え、
80年代やコラージュ、創作についてのトークを行います。

 [路地と人 六時の等 ムーさんと]
 DREA夢 神保町編

 同じ誕生日に生まれたふたりが、きっかりそのひと月後の11月16日にお送りする、
 なかよしトーク + show。
 同会場に展示されている小田島くんの作品に囲まれつつ、
 楽しく、有意義なひとときをお届けします。

 ◯第一部:POP ART中学生、小田島等の「1987」。
 ◯休憩
 ◯第二部:ふたりの、いま、NOW。

 料金 2,000円(おもちゃの感ヅメ 付き)
 定員 20名 予約制
 予約受付 http://peatix.com/event/60327

---

ほぼ毎日 「salon de おだじ」営業いたします。
ビール、お茶などございます。

※営業時間は日によって変更する可能性があります。
詳細は小田島等さんのtwitterでお知らせいたします。
※展示作品は販売をいたしております。


小田島 等 Hitoshi ODAJIMA
72年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。
95年よりCD、広告物、書籍装丁のアートディレクションを多数手がける。
同時にイラストレーターとして活動。近年は展示活動も精力的に行う。
近著にデザイン&イラストのアーカイブ作品集『ANONYMOUS POP』(P-vine books)がある。
[PR]
by rojitohito | 2014-11-07 12:23 | 2014年終了イベント | Comments(1)

朗読室9

こちらの催しは終了しました。ありがとうございました。


朗読室 9 「紡がれる言葉、声にする言葉、ウタになる言葉」



文字があふれる神保町に、ただ静かにからっぽの空洞を開きます。
ここは詩を、うたを声に出すところです。

**

言葉はどのようにウタになるのでしょう

例えば
文字として紡がれた言葉を声に出してみる
声として出た言葉を文字にしてみる
言葉が姿や形、次元を変えて行き来すること
まずは
そこから考えていけそうな気がしています。

***

既にある誰かのつくったもの、いまつくられた自分の言葉、
文字、絵、音、光、時間その他、言葉の形は問いません。

いま声にしたい言葉を持っておこしください。

読まずに聴きたい方も歓迎致します。

お待ちしております。

________

開放日 : 11月10日
入場料 : 500円 ( 口直し付 )
利用時間 : 19時から22時(途中入退出自由)
場所 : 路地と人


ことばのこえの企画/ クゼナミコ
[PR]
by rojitohito | 2014-11-04 10:35 | 2014年終了イベント | Comments(0)
a0156417_22572331.jpg


路地と人、小坂金田一合同展
小坂真夕・金田一安民
2014年11月6日(木)-8日(土)
15:00 - 20:00  
ライヴ 19:00 -

[PR]
by rojitohito | 2014-11-03 12:23 | 2014年終了イベント

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito