<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

DOCLAB上映会は終了いたしました。また、入場料・参加費の50%(2250円)は、寄付としてDOCLABへ送金いたしました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。19日は〈てれれ3月4月号〉です。こちらもどうぞよろしく。

3月は2回にわたって、映像を通して個性的な試みを続けている、ハノイと大阪の2つの団体の活動について考えてみたいと思います。
a0156417_9565746.jpg

ベトナムの「いま」を観る—〈DOCLAB〉2010コレクション上映会

 1日目/3月3日(土)は、ドキュメンタリー映画監督の早川由美子さんをナビゲーターにお迎えし、ベトナム・ハノイのインディペンデント・メディア・センター〈DOCLAB〉の作品を観賞します。
 〈DOCLAB〉は、アメリカでドキュメンタリー映画製作を学んだグエン・チン・ティさんにより、2009年ベトナムで開設されたインディペンデント・メディア・センターで、映像作家の養成とドキュメンタリー映画の普及を目的に活動しています。数ヶ月間のワークショップを経て制作された作品はどれも芸術性が高く、センター開設から2年という短い期間ながら、受講生たちの作品は国内外で高い評価を得ています。
 今回は、昨年の山形国際ドキュメンタリー映画際の会場で記録された、〈映像発信てれれ〉下之坊修子さんによるティさんへのインタビュー(撮影:早川由美子/20分)と、2010年に制作された〈DOCLAB〉のコレクション9作品(92分)を上映。さらに夜の部では、スカイプを使ってのティさんへの質疑応答&ディスカッションも行います。
 リアルな現代のベトナムの姿を、9つの視点からお感じいただければ幸いです。


日時:2012年3月3日(土) 
昼の部・夜の部に分れて上映いたします。
 【昼の部】13時から17時まで 上映のみ
      上記時間内出入り自由  入場料 500円 資料付き
 【夜の部】18時から21時30分まで 上映+スカイプ質疑応答/ディスカッション 
      参加費 1000円 資料付き (開場17時30分)
会場:路地と人
東京メトロ半蔵門線・都営三田線/新宿線神保町駅A5出口から徒歩2分


※DOCLABの作品は全てベトナム語(英語字幕)です。日本語による資料をお配りします。
※入場料及び参加費の50%はDOCLABへ寄付いたします。
※スカイプは当日の状況により中止になる場合もございます。予めご了承下さい。
※予約制ではありませんので、満員の際は入場をお断りする場合がございます。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

■ ■ ■ ■ 上映プログラム ■ ■ ■ ■
・ベトナムのメディア事情(監督:早川由美子/20分23秒/日本語)
a0156417_10244188.jpg

〈DOCLAB COLLECTION〉ベトナム語(英語字幕)、日本語解説資料有り
・A Film by Phuong(Director: Trieu Thi Lan Phuong, 5 min)
・The Garden (Director: Doan Hoang Kien, 10 min)
・Train Journal (Director: Tran Thanh Hien, 7 min)
a0156417_10423040.jpg

・Fiction (Director: Ngo Thanh, 10 minutes)
・Hieu's Story (Directors: Do Tuong Linh, Ngo Thanh, Nha Thuyen, 9 min)
・Friendgradma (Director: Pham Mai Phuong, 11 min)
a0156417_1047148.jpg

・The Medium
    (Directors: Cao Trung Vinh, Tran Thanh Hien, Do Huyen Trang,13 min)
・Ramblings (Director: Pham Thu Hang, 10 min)
・Underneath It All
    (Directors: Do Van Hoang, Pham Thu Hang, Nguen Thi Hong Hanh,17min)
a0156417_10515563.jpg


早川由美子 プロフィール
1975年東京都出身。
成蹊大学法学部、London School of Journalism卒業。公務員、会社員を経て2007年に渡英。ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、独学で映像制作を開始。
イギリスの平和活動家Brian Hawを記録した初監督作品『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』は、2009年度日本ジャーナリスト会議・黒田清JCJ新人賞を受賞。日本各地、イギリス、アメリカ、トルコなどで70回以上上映を重ねた。
最新作はUR(旧住宅公団)団地の追い出し問題を取材した『さようならUR』。山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映され、第1回スカパー!IDEHA賞を受賞した。現在各地で上映中。
ウェブサイト: www.petiteadventurefilms.com

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

 そして2日目/3月19日(月)は、『ベトナムのメディア事情』のインタビュアー・下之坊修子さんが主宰する〈カフェ放送てれれ〉の上映会も開催します。上映会の詳細はこちらをご覧下さい。
[PR]
by rojitohito | 2012-02-12 09:39 | 2012年終了イベント | Comments(0)
終了いたしました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
a0156417_1313342.jpg

2月後半は、ヘッドドレスデザイナー・深谷桃子さんによるヘッドドレス展「sew I thought」です。

ヘッドドレスとは、文字通り、頭部のための装身具。ファッションの歴史の中では、装飾アイテムとして、造形性の高いものが、さまざまに作られてきました。
現在、東京を拠点に、このヘッドドレスや髪飾りを中心に制作を行っている深谷桃子さんが、これまでの活動の集大成として、初の個展を路地と人で開催することになりました。

深谷さんは、片思いして辛い気持ちや、好きな人からメールが来て嬉しい気持ちや、誰かを思う時の苦しさなどを、ヘッドドレスに置き換えて、表現しています。
ぜひ、この「sew I thought」で「sew」に秘められた「thought」を感じてみて下さい。

期間中は、2回のワークショップも行われ、実際にご自身でオリジナルのヘッドドレスをお作りいただくこともできます。気軽にオートクチュール気分が味わえる、楽しいワークショップです。

そのうちの1回、19日(日)のワークショップは子供のためのものになっています。
おしゃれを自分で作ることに触れる、子供たちにとっての初めての場所になるかも知れません。
また、ワークショップ中も展示はご覧いただけますので、大人の方も、子供たちの作り出す、自由な創作を覗きに来てみてはいかがでしょうか?

深谷桃子プロフィール:
1984年生まれ
バンタンデザイン研究所スタイリスト科卒業
主な展示として
アートブックショップ「ブローチ展」
The Artc omplex Center of Tokyo 「ファイバーワーク展」


開催情報:
深谷桃子ヘッドドレス展「sew I thougt」
日付:2012月2月18日(土)-2月26日(日)
時間:15:00-20:00(平日) 12:00-20:00(土日)

ワークショップ子供向け(3-12才)2月19日(日)
お一人様1500円 12:00~19:00

ワークショップ大人向け(12才~)2月25日(土)
お一人様2000円 12:00-19:00

ヘッドドレス、髪飾りを作るワークショップを行います。
予約不要。当日スタッフまでお申し付けください。

また、25日のワークショップのタイアップ企画として、15時からは、いかれ帽子屋のお茶会タイムもございます。
ワークショップに参加する方は出来たてのオリジナル・ヘッドドレスを着けて、しない方も深谷さんの作品の中からお気に入りを見つけて、不思議の国の住人気分で紅茶とスコーンを楽しみながらおしゃれティーパーティーはいかがでしょうか?

紅茶は、世界のお茶マイスターの資格を持つ伊藤サヤカさんのアドバイスの元、インド・ダージリンから厳選した茶葉を直接仕入れている、銀座・リーフル ダージリンハウスの紅茶をご用意してお待ちしております。

この25日のいかれ帽子屋のお茶会タイムでは、伊藤サヤカさんが直々にお茶を淹れて皆様のお越しをお待ちしております。

尚、こちらの紅茶は「sew I thought」展の期間中を通してお楽しみいただけますので、当日ご都合の悪い方も、ぜひお試しください。

ご質問はrojitohito@gmail.comまでどうぞ。
[PR]
by rojitohito | 2012-02-07 12:08 | 2012年終了イベント | Comments(0)
終了いたしました、次回珈琲実験部が3月あたりを予定しています。おたのしみに。
〜珈琲が好きな人の、好きな珈琲のための時間〜

a0156417_2357305.jpg


このたび路地と人では「珈琲実験部」を発足します。
珈琲が好きな人の、好きな珈琲のための時間。
家で自分で淹れる珈琲、いつもの喫茶店の珈琲、旅先で出会った珈琲。
それぞれの味を楽しんでいる珈琲好きのひとのための実験の時間。
自分の好きな味を探して、ブレンド珈琲をつくってみるワークショップです。

2012年2月12日(日)
時間  14:00〜16:00
会場  路地と人
参加費 1,500円 (おやつとお土産珈琲付き)
定員  10人 
要参加申し込み
お申し込みは、珈琲実験部参加希望と記して1)申し込み者氏名 2)連絡先メールアドレス 3)あれば、好きなストレート珈琲をご記入の上rojitohito@gmail.comまでメールにてお申し込みください

当日は中華鍋で自家焙煎した珈琲豆を5種類用意します。
自分や他の人がつくったブレンド珈琲をのみくらべたり、
淹れ方る道具もペーパーフィルター/ネルドリップ/エスプレッソをためしてみます。
ワークショップで見つけたオリジナルブレンドのお持ち帰りお土産付きです。

日曜の午後、珈琲三昧に浸ってみるのはいかがでしょうか?
ご参加お待ちしています。
[PR]
by rojitohito | 2012-02-03 23:59 | 2012年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito