<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

線路は続く──志津川〜仙台

志津川駅から仙台へ向かう最終電車は小牛田行20時27分の気仙沼線。
小牛田で東北本線に乗り換え、22時32分仙台駅に着く。
帰るのか出かけるのか海辺の町から都会へ向かう乗客。
窓の外は暗く景色もほとんど見えない。
2011年2月2日に録音した夜の電車内の音が、
場所と時間を移して、東京の薄暗い室内で再生される。
未編集、無目的なこの音源に耳を開き、
退屈な時間を過ごすのがこの試乗会の趣旨である。

日時等:2012年2月2日(木)20時27分〜22時32分。飲食自由。お乗り遅れのないようお早めにお越しください。
運賃:1620円
定員:10名(満員になるまでご予約承ります。最小運行人数1名)【1月23日予約開始】
会場:路地と人(東京都千代田区神田神保町1-14英光ビル2階)
予約方法:氏名、連絡先と共に「乗車予約」と記したメールをrojitohito@gmail.comまでお送りください。運賃は当日いただきます。なお運賃は志津川駅〜仙台駅間の実際のJR運賃と同額です。


「(録音者のメモ)」

昼過ぎ、志津川駅に着いた。晴れている。

「食楽しお彩」で海宝丼を食べる。
汐風カフェでモアイ像の置物とタコのバッヂを購入しお店の方とちょっと話しをする。近所の主婦が頻繁に訪れる店。

海の方へ歩いてみる。

牡蠣やホタテ貝の殻が山積み。
そして湾内には、養殖のための浮きだろうか、丸くて色鮮やかなボールのようなものが遠くまで浮かんでいる。
海の中の堤防の上では鵜が翼を広げている。
釣りに飽きた老人が水門の脇を自転車で通り過ぎる。
のどかな雰囲気だ。

通りに戻り、「サタケ理容所」で髪を切る。
知らない町での散髪は少し緊張する。
店の親父さんがとてもおしゃべりで、あっというまに時間が経った。
五分刈りとお願いしたのに角刈りにになっていて、海の男っぽくて気に入った。
次の散髪もここでしようと決めた。

「魚勝」という、半分魚屋、半分八百屋のお店でフノリとシュウリガイを買う。
おまけにアメをくれた。

夕方、南三陸の女性が行う観光まちづくりの報告会を高野会館で聞いた。大勢の人。

仙台行きの最終電車まで駅前の居酒屋で飲む。



a0156417_22182632.jpg

[PR]
by rojitohito | 2012-01-23 22:13 | 2012年終了イベント | Comments(0)
終了しました。お越しいただいたみなさまありがとうございました。

「郷土料理 ソウルフード B級グルメ」 遠藤哲夫 × 安岐理加 
  
2012年1月30日(月)19:00より (開室18:30)
会費:1000円(しし汁付き)


場所:路地と人(東京都千代田区神田神保町1-14 英光ビル2F)
東京メトロ半蔵門線・都営三田線/新宿線神保町駅A5出口から徒歩2分

各地を呑み歩いている大衆食堂の詩人遠藤哲夫と各地を行商する美術家の安岐理加が、食べ物と食べること、土地のこと、そこから見えてくる暮らすことと営みのことなどを、東へ西へ、山へ海へ、右往左往しつつ、食べ物を囲み酒を呑み皆でお話する夕餉の会です。冬の寒い夜の熱い団欒、どうぞご一緒に。
※USTREAMの配信はありません。

a0156417_1925956.jpg



遠藤哲夫(エンテツさん)
文章家/大衆食堂の詩人/気どるな、力強くめしをくえ。
新潟県六日町(南魚沼市)生まれ。
世間では「フリーライター」といわれる不安定自由文筆労働者。美食も粗食も贅沢も清貧もふみこえて、庶民の快食を追求。好物は味噌汁ぶっけめし。主な著書に「大衆食堂の研究」「汁かけめし快食學」「大衆食堂パラダイス!」など。
執筆活動の傍ら、トークショーや古墳部の活動も精力的におこなっている。
ウェブサイト ザ大衆食 http://homepage2.nifty.com/entetsu/index.htm
ブログ ザ大衆食つまみ食い http://enmeshi.way-nifty.com/

安岐理加(アキリカ)
美術家/路地と人の人/堂々めぐり

a0156417_1910199.jpg


our table*とは
2011年3月よりトークショーという形式をとりつつも、ひとつのテーブルを囲んでそれぞれが思っていることを共有する場と時間という試みをおこなっています。
001  テーマなしで3月22日に路地と人にて
002  【公民館について話す日曜日】  at 路地と人
003.4【アートの現場、現場のアート】 at 旧王余魚沢小学校(青森)


みなさまのお越しをおまちしております。

。。。。
[PR]
by rojitohito | 2012-01-22 18:41 | 2012年終了イベント | Comments(0)
終了いたしました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。次回は3月を予定しております。
みる!きく!いう!の【カフェ放送てれれ】 2012年最初の上映会です。
関東でカフェ放送てれれの上映作品を観られるのは、現在は路地と人だけ。
今回は6作品+αの特別編成でお送りします。
a0156417_10283665.jpg

日時:2012年1月21日(土)19時~21時半くらいまで
参加費:500円 + 1ドリンクのオーダーをお願い致します。
場所:路地と人(東京都千代田区神田神保町1-14 英光ビル2F)
東京メトロ半蔵門線・都営三田線/新宿線神保町駅A5出口から徒歩2分


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

カフェ放送てれれは市民から募集した映像作品を上映し、それを観ておしゃべりをする会。
映像は全て10分前後と短く、無審査で上映されるのが特徴です。
現在全国の飲食店・ギャラリーなど人の集まる場所で定期的に上映会を行っています。

■■■ 1月2月号 上映プログラム ■■■

1『テト』Re:C/6分11秒
神戸市の鷹取教会で行われたベトナムの旧正月テトのお祭りの様子。
長田区にはベトナムの人がたくさん住んでいます。
どうして日本でベトナムの旧正月を祝うのか?Re:Cの子供たちがレポートしました。
a0156417_0461814.jpg

2『妊婦さんへのあったかメッセージ』小沢みつよ/6分
社会の大切な命を育んでいる妊婦さんへ、様々な立場の人から温かいメッセージが集まりました。

3『東日本大震災~震災後の取り組み、市民メディアが取り組むべきこと、震災報道の温度差~』
武蔵大学(岩崎寛 岩間友里 神田菜菜 佐野夏美)/7分49秒
武蔵大学の学生による、名取市の災害ボランティアセンターのレポート。てれれでの上映は3回目。今回は震災支援やメディアのあり方について関本栄太郎先生にインタビューしました。
a0156417_048983.jpg

4『女たちがつながって パート2 ろうあの子どもたち』加堂妙子/6分35秒
ベトナムのダナン市にある「希望の村」で行われる手話教育についてのレポート。
ここで生活する子ども達の約3分の1は聴覚障害児で、ベトナム戦争時の枯葉剤の影響ではないかといわれています。

5『chorus』黒瀬政男/1分32分
8mmフィルム独特の色合いが懐かしいけど新鮮!意外な結末にびっくりの、楽しいアニメ作品です。

6 山形国際ドキュメンタリー映画祭 ビデオレポート
『ベトナムのメディア事情』早川由美子/20分23秒

ベトナムでインディペンデント・メディアセンターを立ち上げたグエン・チン・ティー監督に、センター設立の経緯や運営、ベトナムのインディペンデント事情について聞いた(インタビュアー:下之坊修子)
a0156417_0501148.jpg


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

さらに今回はプログラム6番目「ベトナムのメディア事情」の作者・早川由美子監督がいらっしゃいます。
1&2月号上映作品とは別に、早川監督による『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』と、昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で「スカパー!IDEHA賞」を受賞した『さようならUR』の予告編も上映します。

そしてさらにさらに!!「ベトナムのメディア事情」に出演されているグエン・チン・ティー監督のセンターDOCLABのコレクションも2本上映します。なんとこちらは日本初公開の作品です。


当日は、温かい軽食もご用意いたします。
飲んだり食べたりしつつ、楽しいひとときをお過ごしいただければうれしいです。
みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by rojitohito | 2012-01-21 01:03 | 2012年終了イベント | Comments(0)
路地と人 これから先しばらくの予定です (2014年5月31日更新)







※これらの予定は変更することがあります。
 日時その他の確定した情報は、催し毎のページでお知らせいたします。
[PR]
by rojitohito | 2012-01-01 01:01 | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito