<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

終了しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

【тыва хүнү орук биле кижи де!  2дугаар】
a0156417_2145988.jpg

4月に好評だったトゥバ・デイ第2弾開催!

トゥバという国をご存知ですか?
アジアの中央に位置し、隣接する民族の文化が入り混ざりながらも、
独自の文化を形成している「トゥバ共和国」。
トゥバ人の間に伝わる伝統的な歌唱法は「ホーメイ」、「フーメイ」として知られています。
路地と人では10月1日に、今年もトゥバでの3ヶ月の滞在を終え帰国した音楽家の寺田亮平さんをお招きして「トゥバ・デイ」を開催します。
スライドを見ながら寺田さんの3ヶ月の滞在報告を中心に、
トゥバの伝統音楽の演奏をお楽しみください。
会場では現地で撮影してきた写真の他、書籍など各種トゥバグッズの展示などを行います。
是非気軽に遊びに来てください。


★カフェ・トゥバ★
・15:00〜18:00 入場無料
 メニュー/スットゥグ・シャイ(塩入のミルクティー)
      ブダー (羊のスープ)
      他、メニュー検討中

★ホーメイ・コンサート★ 入場料1,000円
・18:00〜18:30 ホーメイ・コンサート1部
・18:30〜20:30 トゥバ・トーク&スライド・ショー
         トゥバの自然や暮らしを写真を観ながらお話します。
・20:30〜21:00 ホーメイ・コンサート2部

※ライヴは混雑状況によってはご覧になれない場合もございますので、
 お早めにお越し下さい。
a0156417_21464458.jpg


★トゥバ共和国★
アジアの中央部、シベリア南部に位置する共和国。ロシア連邦に属する。人口約30万人。首都はクズル(кызыл)。面積は170,500k㎡(北海道二つ分ほど)。住民の約7割がトゥバ人。公用語はトゥバ語とロシア語。トゥバ語はテュルク語系の言語。宗教はシャマニズムとチベット仏教が盛んである。主な産業は畜産、羊毛獣捕獲、鉱工業。元々は遊牧民だが、現在では街に定住しているトゥバ人が多い。
a0156417_2150682.jpg


★出演者★
寺田亮平 (トゥバ音楽演奏家)
1999年はじめてホーメイを習う。
国内で様々なワークショップを受けながら鍛錬を積んだ後、2010年より毎年夏の3ヶ月トゥバ共和国の首都クズルに滞在。トゥバ第一線のミュージシャンと交流しながら滞在修行する生活を続けている。ホーメイ、トゥバ語による伝統的な歌の他、伝統楽器イギル、ドシュプルール、ショールを演奏する。師匠はモングンオール・オンダ-ル(チルギルチン)、アヤン・オール・サム(アラッシュ・アンサンブル)、アイドゥン・モングッシュ(トゥバ・ナショナルオーケストラ)他。
現地でのトゥバの伝統的な歌の聞き取りや翻訳作業、トゥバ各地方での撮影などのフィールドワークも行っている。

トゥバ国内・及び周辺シベリア諸国での演奏歴多数。
2011.7/8・9サンチェ・クズルオール記念コンサート(オビュール地区ドゥス・ダグ)
2011.7/14  野外フェスティバル ウストゥ・フレー2011(チャダーナ)
2010.7/16  野外フェスティバル エル・オユン2010(アルタイ共和国)、、、など

東京でもトゥバの伝統的なスタイルで演奏活動を行っている。
連絡先: dtxmain@gmail.com
ブログ:「トゥバ日記」 http://tuvanikki.exblog.jp
a0156417_2134271.jpg

[PR]
by rojitohito | 2011-09-24 21:52 | 2011年終了イベント | Comments(0)
終了いたしました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

「渡邊トシフミ個展 PALETTE」を開催いたします。
路地と人の室内の壁いっぱいに、A4サイズの紙に描かれた水彩ドローイングを展示する予定です。
作者の渡邊さんは、美術家として生きていくことを志し、実践しています。9/10、9/11、9/16、9/20、9/21、9/22には会場にいらしてますので、彼の作品について、また、その他のいろいろなことなど、気軽に話しかけていただけたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

人生がパレットであれば、僕らは絵の具だ。一人ひとり違う色を持って生きている。たくさんの出会いにより色は混ざる。そのパレットの色は常に変化する。とても綺麗な色になる時もあれば、とても汚い色になる時もある。あの人の色が僕のパレットを綺麗に変えてくれた。あの人の色が僕のパレットを汚く変えてしまった。純粋な絵の力を信じて、僕はこれからも人間の生きる根源を問う。  渡邊トシフミ


a0156417_12525550.jpg


渡邊トシフミ個展 PALETTE

会期:2011年9月9日(金)〜9月11日(日)および、9月16日(金)〜9月22日(木)
休み:9月12日(月)〜9月15日(木)
時間:12:00〜19:00
会場:路地と人


〈日常を美術すること〉
僕の原点は、図画工作の授業や自由帳に描いていた絵です。今まで生きてきた記憶や経験、自分が関心のあるサブカルチャーなどから着想を得ています。その延長線において、今日まで日常の視点で美術を追求しています。また、人間の根源とは何かを表現していきたいと考えています。その何かを常に問い、社会に提示していきたいのです。日常生活のものや空間に変化を加えることで、美術の冒険という体験を演出したいと考えています。また自分の作品を通して、僕自身未だ見たことがないものを見たいし、見せたいと思っています。人を感動させる、人の心を揺れ動かす作品を目指しています。ありふれた日々の行為の積み重ねや、何気ない発見の連鎖を、作品に転換することを意識しながら制作しています。
[PR]
by rojitohito | 2011-09-07 13:07 | 2011年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito