Singe! Marchen | 唄え!メルヒェン

a0156417_2231562.jpg


12月25日(日) 18:00 - 22:00 入場無料/入退場自由

25日夕刻より、路地と人にてグリムの昔話語りをします。

4時間、路地と人を開放し、タイムラインに沿って昔話をよんでいきます。
部屋にはすこしばかりのワインと、ささやかな食べもの、
昔話についてのレジュメも置いておきます。

昔話を聴いてみたい方、
どこかに行きたいけど、行くあてもない方、
ただぼんやりしたい方、
どなたでもすきな時間にいらして、聴いたり、たべたり、眠ったりしてください。

- 唄え、メルヒェン -

今から約200年前、1812年のクリスマスも近い頃、
ドイツのヤーコプ・グリムとヴィルヘルム・グリムの兄弟は、
失われつつあった口語りの物語を一冊の本にまとめ、
「グリム童話集(原題:子どもと家庭のためのメルヒェン)」として出版しました。
彼らが望んだのは、この「のこされたわずかな詩」を
「まずしく、つつましやかな人びと」に分け与えられること。

現代では絵本や本など活字として触れることが多い昔話ですが、
もともと昔話=メルヒェン は、何百年ものあいだ、
口で語られ、耳で聴かれてきた形のない文芸で、
語り手によって語られる、その時間のなかだけに存在してきました。
時間のなかで存在してきたという点で、音楽と似た性質、
独特な語り口や物語のリズムをもっているようです。

グリムが採集した人々の記憶のなかのメルヒェンは、
世界に広がり、いまでは日本のこどもたちにも広く知られています。
1812年の第1版から最終版の第7版(1857年)の45年のあいだに、
グリム童話も、語りの文学から読む文学へと形を変えてきました。
いま「グリム童話集」といわれるものは第7版のものが一般的になりますが、
25日には口語りの要素がまだ残されている
「グリム童話集 第二版」(1819年版/小澤俊夫訳)から5話、抜粋して読みます。

またことしはグリムの昔話だけでなく、
大みそかに現れた貧乏神のお話、
「大みそかの金馬」という日本(東京・八王子)の昔話と、
「語りつぎたい みやぎの民話」より宮城のお話も読みます。

昔話のなかには、命を奪う残酷なお話もありますが、
生まれ死にゆく生命のさまと向きあうこと、
そこに昔話の本質があり、この非寛容の時代に、
おおらかに、たくましく生きることの手立てがあるようにおもいます。

わずかに のこったこれらの詩を、善意の手にゆだねます。
そこにひそんでいる、祝福される力を信じながら。

原田淳子/原田企画


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

12月25日(日) 18:00 - 22:00 入場無料/入退場自由

 18:15 神さまのけだものと悪魔のけだもの 8min

 18:45 灰かぶり 20mini

 19:20 日本昔話・宮城 5mini

 19:45 名付け親になった死神 8mini

 20:15 大みそかの金馬 (日本昔話・立川) 8mini

 20:45 白雪姫 25mini

 21:30 星の銀貨 8mini

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

“わたしたちがもとめているのは、
不正なこともかくさない正直な物語の真実のなかにある純粋性です。
 …
 わたしたちはこの本を、善意の手にゆだねます。
 そこにひそんでいる、祝福してくれる力を信じながら。
 そしてわずかにのこったこれらの詩を、
 まずしい人、つつましやかな人たちによころんでわかちあえない人たちの目には、
 ふれないでほしいとねがっています。
 1819年 カッセルにて”
 ヤーコプ・グリム、ヴィルヘルム・グリム「1819年第二版序文より」

 (「グリム童話の誕生」小澤俊夫著一部抜粋)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


“…やがて、また別の男が近づいて来て、「わしを名づけ親にしなさい」といった。男は、
「おまえさんはだれだね」と、きいた。
「わしは死に神じゃ。わしは、すべてのものを平等にあつかう」すると男がいった。
「あんたがいい。あんたは金持ちも貧乏人も区別なしにつれていくからな。
 あんたに子どもの名づけ親になってもらおう」”「名づけ親になった死に神」


“昔むかし、あるところに、小さな女の子がいました。
 女の子は、お父さんもお母さんも死んでしまって、ひとりきりでした。
 とてもまずしくて、住む家もなければ、ベッドもありません。
 しまいには、今、着ている服と、手に持っているひときれのパンのほかは、
 何ひとつなくなりました。”「星の銀貨」

絵:オットー・ウベローデ(「語るためのグリム童話」小峰書店)

参考文献
小澤俊夫「グリム童話の誕生 聞くメルヒェンから読むメルヒェンへ」朝日新聞出版
小澤俊夫「昔話の語法」福音館書店
「完訳グリム童話」小澤俊夫訳/ぎょうせい
「語るためのグリム童話」小峰書房/監修:小澤俊夫/再話:小澤昔ばなし研究所
「日本昔話の型」関敬吾著/小澤俊夫補訂
「みやぎ民話の会叢書第十四集 語りつぎたい みやぎの民話」再話:小野和子
[PR]
by rojitohito | 2016-12-25 15:01 | 2016年終了イベント

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito