冊子『ある』座談会  無くなる

路地と人メンバー鶴崎が、と整体・川崎智子さんの話を聞く、
という形で継続してきた対話冊子『ある』は、
2014年4月から三年間継続目標で始まり、2017年3月で終りを迎えます。

『ある』は終わって無くなりますが、
無くなるということには、どんなイメージがあるでしょうか。
すこし寂しい感じでしょうか。
悲しい感じがするでしょうか。

整体においては、無くなることに、明るいイメージがあると聞きました。

『ある』最終回の収録として、座談会を開きます。
最後は、無くなることについて考えます。
どうぞお気軽にご参加ください。

(ここで話し合われたことは、この後冊子として形になり、発行されます。)




冊子『ある』座談会  無くなる

2016年11月6日(日)
13時15分から2時間ほど
参加料:500円(お茶付、おやつ持ち寄り歓迎)

〈話し手〉川﨑智子(と整体)





ある
ある は、あることに耳を澄まし、認知していくことを目的とした対話冊子です。
発行日 毎月第2日曜日(2014年4月〜2017年3月)
部 数 200部
定 価 200円
サイズ B4四つ折り
発 行 観察と編集


川﨑智子
1970年5月5日宮崎県生。不調をきっかけに出会った野口整体により体の全感覚が一致した自覚が生まれ、元気で丈夫に、自由になる。気を独学。2005年より整体活動開始。整体指導者として、「と整体」を主宰。

観察と編集
鶴崎いづみによる、観察と編集を基礎とする試み。主に出版などをおこなう。

a0156417_23530455.jpg
[PR]
by rojitohito | 2016-11-06 10:35 | 2016年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito