朗読室

こちらのイベントは終了しました。ありがとうございました。

朗読室   「虚空になげるコト・バ」




ここは詩を、うたを声に出すところです。

文字があふれる神保町に、ただ静かにからっぽの空洞を開きます。

開放日は不定期です。

ここでは、なるべく私語をつつしんでください。
小さな穴です。
その虚空が、その言葉で埋まっててしまわないように。

今月の開放日は、
ちょうど新月で、空もからっぽのようです。

いま声にしたい言葉を持っておこしください。

ただ静かに、お待ちしております。


**


虚空に投げられた言葉は、いつの、なにに届くのか。

詩や うた の言葉は、コトになる要素を含み、一つのバを作り出す。


耳をかたむける。

言葉を、文字や記憶や、経験、感覚をたどりながら声にのせる。

からだを振動させて音になった声は、発している最中から、かたむけている耳に、からだへと戻ってくる。

受信と発信との連動した運動、その渦は、体の空洞にどのように響きを膨らませるのか。

響きがつくるコト・バのかたち。
それをあじわう。

ただ、それだけのところです。


***


王様の耳はロバの耳、と叫んだあの話。

思わず叫んだ、そのちょうどいい穴はどこにある

その穴に投げられた、言葉はそれからどうなった

________


開放日 : 3月31日

入場料 : 1000円 ( 飲み物、口直し付 )

利用時間 : 黄昏時から22時

場所 : 路地と人


ことばのこえの企画 / クゼナミコ
[PR]
by rojitohito | 2014-03-04 23:43 | 2014年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito