【カフェ放送てれれ】3月4月号上映会

こちらのイベントは終了いたしました。ご来場下さいました皆様、ありがとうございました。
みる!きく!いう!の【カフェ放送てれれ】3月4月号の上映会のお知らせです。
a0156417_12593621.jpg
日時:2013年4月22日(月)19:00より(開場 18:30)
参加費:500円+1ドリンクのオーダーをお願い致します。
尚、今回は上映作品に一部、ショッキングな映像が含まれております。ご了承ください。
場所:路地と人(東京メトロ半蔵門線・都営三田線/新宿線神保町駅A5出口から徒歩2分・カルパ美容室となり)
お問合せ:rojitohito@gmail.com
****************
■■■ 3月4月号 上映プログラム (6作品/約58分)■■■
(タイトル/時間/作者/作者orてれれのコメント)

1.空撮/8分/K.Kotani/トイデジを風船でつり上げて空撮をしてみました。

2.夏の黄土高原スタディーツアー/10分30秒/高賛侑/中国・山西省平大同市の砂漠化した黄土高原で20年間植樹活動を行ってきたNPO「緑の地球ネットワーク」のスタディーツアーの記録。

3.道頓堀プールバージョン/3分44秒/TK112/大阪市長の客観的実態を歌詞に盛り込んだウクレレ演奏をバックに大阪市内各地の風景。

4.女川町 竹の浦 復興への道/11分/山崎洋幸(武蔵大学)/学生による被災者支援のための市民メディアプロジェクト「まだ行方不明の方がいっぱいいる」という女川の今を取材。

5.毛皮用の動物たち/9分35秒/佐藤史子/コートのフードのふわふわした部分のために、たくさんの動物が苦しんでいます。

6.商店街で働く女たちー明石・魚の棚の女将さんーフレッシュおかみさん編/14分44秒/神原文子/魚の棚の女将さんの中でも比較的若い、酒屋の女将さんにインタビュー。

以上6本です。
****************
「映像制作の経験不問・ジャンル不問・無審査」が特徴の〈てれれ〉。
上映後、参加者同士の会談も1時間ほど予定しております。入退室自由ですので、お気軽にお越しください。

〈カフェ放送てれれ〉って?
「カフェ放送てれれ」はマスメディアにはないもっと身近な情報を発信しようと、市民から集めた作品を無審査で上映しています。現在全国の飲食店・ギャラリーなど人の集まる場所で定期的に上映会を行っています。上映後は他の参加者とも、作品を通じて話し合うことのできる同じ目線の高さの上映会。フランスのカフェ放送「テレボカル」の考え方に触発され、2003年から大阪の市民メディア「映像発信てれれ」によって行われています。
また、てれれでは出品作品も大募集しています。
出品条件は
・10分前後の短い映像作品。
・著作権に抵触しないもの。
・作者は可能な範囲で上映会に参加すること。
出品についての詳細につきましては
映像発信てれれ eizoinfo@terere.jp
までお問い合わせ下さい。
◇てれれwebサイト
http://terere.jugem.jp/?eid=369
□ □ □ □ □ □ □ □
“テレレ”はパラグアイの言葉でマテ茶を飲むことを指します。
路地と人では上映会の度に、そのマテ茶を使ったオリジナルメニューを作り参加者のみなさんと映像とともに楽しんでいます。
今回は、路地と人の元メンバーであり、現在「非公式物産展」として活動する大村みよ子さんによる、マテ茶のチャイをご用意する予定です。
大村さんは路地と人在籍中から、独自の追求による創作マテ菓子やマテカクテルを作り続けておりましたが、今後も引き続き、上映会に華を添えるマテ茶ナビゲーターの役をお願いしました。
てれれの映像と併せて、ここでしか出会えないマテメニューもお楽しみに!
簡単な食べ物もご用意しますので、ぜひ、お仕事・学校の帰りにお立ち寄りください。
みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by rojitohito | 2013-04-02 23:44 | 2013年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito