ハノイと大阪の表現を観る 2

 映像を通して個性的な試みを続けている、2つの団体の表現を観る会—2回目は路地と人でもお馴染み〈カフェ放送てれれ〉をご紹介します。
a0156417_1851116.jpg

〈カフェ放送てれれ3月4月号上映会〉
「映像制作の経験不問・無審査」が特徴の〈てれれ〉。
アーティストの養成に重きをおくハノイの〈DOCLAB〉とは対照的なスタイルで、市民メディアの普及に力を注いでいる大阪の団体です。今回は、20年前に起きたロサンゼルス暴動のドキュメンタリー映画(ダイジェスト版)から、スイカを愛してやまない佐賀の女性のおはなしまで、〈てれれ〉らしいバラエティに富んだ5作品が集まりました。〈てれれ〉が初めてという方にもおすすめのラインナップです。

日時:2012年3月19日(月)19時~21時くらいまで 
参加費:500円 + 1ドリンクのオーダーをお願い致します
会場:路地と人
東京メトロ半蔵門線・都営三田線/新宿線神保町駅A5出口から徒歩2分


□ □ □ □ □ □ □ □

カフェ放送てれれは市民から募集した映像作品を上映し、それを観ておしゃべりをする会。
映像は全て10分前後と短く、無審査で上映されるのが特徴です。
現在全国の飲食店・ギャラリーなど人の集まる場所で定期的に上映会を行っています。
関東でカフェ放送てれれの上映作品を観ることが出来るのは、現在は路地と人だけです。


■■■ 3月4月号 上映プログラム (5作品/約50分)■■■

1『龍王宮の最後のお祭りに行ってきました』Re:C/8分24秒
在日コリアンの女性の祈りの場として長く親しまれてきた「龍王宮」。取り壊し直前のお祭りの様子を、Re:Cの子ども達がレポートしました。

2『おばあちゃんがはじめた店』下村透/12分23秒
尾道市生口島の「しおまち商店街」は、古い建物が多く残る全長600mの美しい商店街です。この地で商店を営むおふたりへ、てれれの合宿参加者がインタビューを行いました。(2011年てれれ夏合宿にて撮影)
a0156417_21301967.jpg

3『ロス暴動の真実—LAコリアタウンはなぜ襲われたか ダイジェスト版』高賛侑/10分26秒
在米韓国人によるドキュメンタリー映画のダイジェスト版です。今からちょうど20年前に起きたロス暴動。コリアタウンの悲劇と知られざる真実を描きます。

4『オシテルヤ アニメーション制作ワークショップ』オシテルヤ/1分
2011年11月にオシテルヤで開催されたワークショップ「クリスマスのアニメーションを作ろう」で制作された作品です。ちょっと季節外れですが、去年のクリスマスを思い出しながらご覧下さい。

5『初江さんの西瓜』石橋ルミ/17分37秒
西瓜大好き初江さん。10月の畑に現れた西瓜に初江さんは大興奮!!果たして初江さんは真冬に西瓜を食べられるのか?佐賀のCATVで番組制作をしている石橋ルミさんによる作品です。3話仕立てでお送りします。
a0156417_21343045.jpg


□ □ □ □ □ □ □ □

いつものように簡単な食べ物もご用意いたします(投げ銭制)。もちろん「てれれ」の名前の由来でもあるマテ茶も。
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
[PR]
by rojitohito | 2012-03-03 22:03 | 2012年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito