毛利悠子展「ワンデイ ダラス」終了しました

いらしてくださった方、ありがとうございました。
a0156417_20351580.jpg



会期中、6月19日には批評家・写真家の港千尋さんをお迎えしてのトーク「食気と色気」でした。
a0156417_20453813.jpg

毛利作品の解説とその感想や、観客と作品を距離を埋める役割としての作品の「色気」について、また「源氏物語」を引き合いに、毛利作品にみられる音、聴覚的な部分など、港さん独自の批評による興味深いお話を伺いました。

そして最終日はミュージシャンの牧野琢磨さんによる「クローズド・チューニング」でした。
a0156417_20354479.jpg

作品の紙が動く音と、牧野さんの奏でるギターの音色が入り交じり、牧野さんも作品の一部と化していきました。
最後は毛利さんと牧野さんのデュオ。
a0156417_2036925.jpg

毛利さんは自身が開発した、ネックが二カ所で曲がる仕掛けのギターを演奏しています。

毛利悠子さん3つの個展の第3弾「ホリデイ ビキニ Holiday Bikini」は7/21~8/2アップリンク・ギャラリーにて開催予定です。
7月25日の「チェンバーナイト」には、路地と人メンバーも参加予定!
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by rojitohito | 2010-07-05 20:52 | 2010年終了イベント | Comments(0)

JR水道橋駅のうら路地にある古い建物の2階で展示や催しを行う「路地と人」のサイトです


by rojitohito